HOME>クチコミ>環境が変わると猫は食欲不振になる?様々なケース

環境が変わると猫は食欲不振になる?様々なケース

ネコ

猫の食欲不振にしっかりと対応することができる飼い主は、どんな工夫をしているのでしょうか。特に病気でないのに飼い猫の食欲が無くなってしまったら、先輩方の意見を参考にしてみてください。

クチコミ

引っ越しをしたら食べなくなりました【10代|男性】

6年前からみかんとりんごのメス猫二匹を飼っています。飼育したばかりの頃は二匹ともごはんをもりもり食べていましたが、今の家に引っ越したとたん食欲不振になりました。「猫は家につく」というように、住まいがいきなり変わったことで不安やストレスがたまり、それが食欲不振につながったんです。人間でさえも新しい環境に慣れるのは大変ですが、何も心の準備をしていない猫はもっと大変です。しかも今の家は国道沿いで車の騒音がけっこうあるし、それまで静かな環境で過ごしていた分、余計ストレスがかかったんだと感じています。引っ越して半年近くになり、環境に慣れたのかいまはみかんもりんごも食欲が完全に戻っているので安心しています。

食事のスペースを工夫したら食べてくれました【30代|女性】

猫はとてもデリケートなので、ちょっと食事の場所を変えたり器を変えたりしただけでも食べてくれなくなることがあります。昔から沢山猫を飼っていますが、食欲不振で病院で診てもらっても原因がわからず、食事の場所を変えたら治ったということがよくありました。基本的に猫は音に敏感なので、静かな環境で食事ができるように冷蔵庫のそばには食事スペースを作らないようにしています。ドライフードでも置き餌にせず、朝と夜、一日二回に分けてその都度与えています。食事が喉に詰まらないように、食べやすい高さに調整できるスタンドにお気に入りの器を置いてあげたらよろこびました。あとはいつでも新鮮な水が飲めるように常に用意しておけば完璧です。

カテゴリ一覧