• 沢山の薬
  • お酒の飲み過ぎに注意

    レントゲン

    お酒は百薬の長とも言われ、飲み過ぎにならなければ、身体に良いとされています。でも、お酒の飲み過ぎは、肝臓の機能を低下させ、やがて肝硬変等の恐ろしい病気につながりますから、お酒の飲み過ぎには気を付けましょう。 肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるように、多少の無理があっても黙々と働き続け、症状が出た時には、かなり重篤な状態になっていることもあるのです。ですから、日頃から十分注意してあげる必要があるのです。 肝臓の調子を知る手段として、血液検査をする方法があります。中でも、お酒に含まれるアルコールによる肝臓の影響を見るための検査項目が、GTPという酵素です。 GTPは、アルコールによって肝細胞が傷害を受けると血液中の数値が上昇します。

    数値が高くてGTPが気になるのでしたら、お酒を控える必要があります。しかし、仕事の関係でどうしてもお酒を飲まなければならない場合には、肝機能を改善する効果があるサプリメントを摂りましょう。 例えば、クルクミンやオルニチンを有効成分とするサプリメントは有名です。また現在では、数多くのサプリメントが市販されていますから、インターネットの比較サイトから、どのサプリメントに人気が集まっているのか調べてみると良いでしょう。 そして、サプリメントの口コミにも目を通してみましょう。 また、肝臓の状態をチェックすることは重要ですから、定期的に検査を行いGTPの数値で確認しましょう。そして、GTPの数値を正常範囲内に保てるよう日頃の努力が必要です。